地域循環型ポイントサービスの展開で、兵庫県にポイントの地産地消を実現する。
代表者挨拶
 
株式会社兵庫コミュニケーションズ 代表取締役 高木 伸明

今年になって毎日、テレビやラジオ、インターネットを通じてポイントカードの宣伝を聞かない日がありません。ポイントサービスが消費動向のなかで重要な選択要素になりつつあります。

兵庫コミュニケーションズでは県下を6つのエリアで捉え、それぞれの地域に最適のポイントアライアンスを想定し、地域の優良企業の皆様にご提案していきます。ブルーカードの特徴は地域循環型ポイントサービスです。「ブルーカード」は地域の多業種、多企業、多店舗を利用するお客様の購買動向を、企業の枠を超えて把握するツールです。情報を共有し加盟店様全体の底上げを目指すことが目的です。

勿論、加盟店様にとっての重要テーマである「顧客状況」を把握することは、CRMを推進する兵庫コミュニケーションズとして提供させていただきます。

今、ナショナルチェーンによる共通ポイントへの加盟キャンペーンが、全国で始まっています。兵庫県下の企業の皆様においても、今後10年、20年後を見据えた営業戦略の選択が目の前に迫っています。ナショナルチェーンの傘下となるか、ブルーアライアンスが提唱する地域循環型ポイントサービス連合に加盟いただき、地域が主体となった顧客リレーションシップ戦略を選ばれるかの選択です。

兵庫コミュニケーションズは、県下の企業の皆さまと共にエリアに合わせたポイント経済圏の構築を通じて、地域経済の活性化に貢献していきたいと考えています。

株式会社兵庫コミュニケーションズ 代表取締役 高木 伸明